多忙のため更新を停止します


by karudannji
「かげおくり」っていう遊びをきーまちゃんに教えてくれたのは、かろりーさんでした。
 食べろぐを引退する前の日、かろりーさんは、きーまちゃんや、あくさん、さんかいさんたちをつれて、まち中華のお店にうらメニューのまーぼどんを食べに行きました。

 大きなお店の窓から見える青い空を見上げながらかろりーさんはつぶやきました。
「かげおくりのよくできそうな空だなあ。」
「えっ、かげおくり(゚∀゚)??」と、Rちゃんが聞き返しました。
「かげおくりって、なあに??」と、きーまちゃんもたずねました。
「十、数える間、かげぼうしをじっとみつめるのさ。十、と言ったら、まーぼどんを食べて空を見上げる。するとかげぼうしがそっくりそらにうつって見えるんだ。」と、いつものようにかろりーさんは得意げに説明します。
「おれとなたりーが子供の頃は、よく遊んだものさ。」

 
「ね。今、みんなでそれやってみたらどうでしょ。」とざちょうさんが横から言いました。
 面白そう!ときーまちゃんたちはみんなで手をつなぎ、かげぼうしに目を落としました。
「まばたきしちゃ、だめよ。」と、くねたん会長が注意しました。
「まばたきしないよ。」きーまちゃんとRちゃんはやくそくしました。

「ひとうつ、ふたあつ、みいっつ。」と、かろりーさんが数えだしました。
「ようっつ、いつうつ、むうっつ。」と、くねたん会長の声も重なりました。
「ななあつ、やあっつ、ここのうつ。」きーまちゃんとRちゃんも、夢中でどんぶりをかきこみながらいっしょに数えだしました。

「とおっ!!ジークくねくね♪」

 みんながくねくね声を合わせると、目の動きといっしょに白いかげぼうしが、すうっと空に上がりました。
「すごうい(#゚∀゚)。・゚゚」と、Rちゃんが言いました。
「すごうい。」と、きーまちゃんも言いました。
「今日の記ねん写しんだなあ。」と、かろりーさんが言いました。
「大きな記ねん写しんだわw」と、くねたん会長が言いました。

-----------------------------------------------------------------

 それから時は流れ…

 きーまちゃんが仲良くしていたおともだちはみんなまーぼくんに捕まってすっかりいなくなってしまいました。


 そんなきーまちゃんを見かねて親切なはるさんは言いました。
「このままでは、きーまちゃんもいつかはまーぼくんに捕まってしまうよ。悪いことは言わないからぼくのようにせいきぐんに入ってやりなおしたほうがいいよ」

 その時、きーまちゃんの頭の中によく行く中華屋さんを一人でがんばってやっているやさしいおばさんの顔が浮かびました。
 お昼時の一番いそがしい時間帯に、心無いお客さんにまーぼどんぶりをぶんりするように言われ困っているその姿を思い出すと、きーまちゃんの小さい胸はきゅーっと痛むのでした。
 
 それに自分と一緒でどんぶりが大好きだったおともだちたちのことを思うと、とても「うん」とは言えません。


 そして…11月1日

きーまちゃんが中本でからふと丼を食べていると…

  「かげおくりのよくできそうな空だなあ。」
というかろりーさんの声が、青い空からふってきました。
「ね。今、みんなでそれやってみたらどうでしょ」
というざちょうさんの声も、青い空からふってきました。

e0285529_114524.jpg

 きーまちゃんは、ふらふらする足をふみしめて立ち上がると、たった一つのかげぼうしを見つめながら、丼をかきこみ、数えだしました。
「ひとうつ、ふたあつ、みいっつ。」
いつの間にか、かろりーさんの声が、重なって聞こえだしました。
「ようっつ、いつうつ、むうっつ。」
くねたん会長の声も、それに重なって聞こえだしました。
「ななあつ、やあっつ、ここのうつ。」
Rちゃんのわらいそうな声も、重なってきました。
「とおーっ!ジークくねくね!!」

e0285529_1133727.jpg

 きーまちゃんが空を見上げると、青い空に、くっきりと懐かしいなかまのかげがうつりました。
「かろりーさん!」きーまちゃんはくねくねしながらよびました。
「くねたんかいちょ~!R地蔵様!みんな帰ってきたんだ!!」

e0285529_115127.jpg


 …と、そのとき、体がすうっとすきとおって、空の中に吸い込まれていくのが分かりました。



e0285529_1143787.jpg

           ギャガ━━Σ(゚д゚lll)━━ン!!!


 気がつくと突然目の前がまっ赤に染まり。きーまちゃんは、煮えたぎるまーぼ鍋の中にほうりこまれているのでした。見回しても、見回しても、唐辛子とラー油の海です…。



---------------------------------------------------------------------------------------

 
  秋の終わりのある朝、こうして、きーまちゃんのちいさな命が空に消えました。



  でもね、きーまちゃんはけっして悲しくはありませんでした。


 なぜって?それはみんなで丼を食べて遊ぶのがほんとに、ほんとに楽しかったからなのです。

 
e0285529_1154585.jpg



 きーまちゃん とりあえず、おつかれ。

  おわり

 <追記>
ぞくへんを考えていましたが…無念(苦笑)しかし、この連休雨ばっかりでおもしろいことがないなぁ(2013年5月)
e0285529_6174937.jpg

[PR]
# by karudannji | 2013-05-05 06:16 | くねくね団